◎Ultraはウシトラのモジリ◎       


by うるとら

カカ

『出雲国風土記』の加賀の郷

加賀(かが)郷(さと)。郡家(ぐんげ)の(北西(きたにし)二十四里(さと)一百六十歩(あし)なり。佐(さ)太(だ)大神(おほかみ)の生まれましし所(ところ)なり。御祖(みおや)神魂(かもす)命(みこと)の御子(みこ)、支(き)佐(さ)加地売(かちめ)命、「闇(くら)き岩屋(いはや)かも」と詔(の)りたまひて、金(かな)弓(ゆみ)を以(もち)て射給(いたま)ひし時(とき)に、光(ひかり)加加(かか)明(や)きき。故(かれ)、加加(かか)と云(い)ふ。
出雲国風土記 山川出版社

   ------------------------------------------------------------

またスクナヒコナが乗ってきた船を「天の羅麻船(あめのかがみのふね)」というらしく羅麻とはカガイモのことらしい。カガイモ?星の神ガガイモ・・・

とくれば、星の神、天のカカセオ。天香香背男
星の神カカセオはアマツミカ星ともいわれ、明けの明星であるとか、妙見信仰であるとかいろいろいわれていたような・・・・・・・。どっちも大元神なんじゃ・・・・ぶつぶつぶつ。

なんと調べてみたら、「目の神様」として祀られているというではないか!?
やはりカカセオもシリウスなのね。


ちなみに、「カカ」は蛇を表しているといわれている。
[PR]
by ultramal | 2006-04-08 12:10