◎Ultraはウシトラのモジリ◎       


by うるとら

カテゴリ:海上の森( 11 )

おわりのない

f0004379_115678.jpg




○○○神社は、古来 壷神社で、 


前方後円墳の・・・・・・・・・
[PR]
by ultramal | 2010-08-25 11:56 | 海上の森
f0004379_1053150.jpg
 武田信玄の紋

海上の森で色々聞いたが、だいぶ前なのでわすれてしまった。山田さんの論

私見
これは、レイラインにするとき、夏至のラインと、冬至のラインでこのような図像がずらずらと浮かび上がります。

 【由来】

 菱の語源ははっきりしないが、植物の実がするどく、とがっている意味だとか、
 葉がひしげたカタチからきたとか言われている。
 模様としては古くから存在し、正倉院宝物には菱紋の染織物、木工品などがあ
 る。
 武田氏が菱紋を使うようになった由来は、前九年の役(1050年)のときに、源
 頼義、義光親子が住吉神社に夷賊平定の祈願をし、そのとき神託によって拝領
 した鎧の袖に割り菱(武田菱)の紋があったからといわれている。

http://kirisai.hp.infoseek.co.jp/kamon2.html



海上の森 山田みち江著より

九本の矢の仕組み


九本の矢標具祭り

 武田信玄公の文献などを調べていると、なんと弓矢の仕組みで真実が隠されていることに気付いたのです。
 そして尾張山田庄に建立された信玄公の墓と山田家、古来からかかかわりがあった甲斐武田家の謎がわかってきたのです。

 かつて上菱野村海上の祭りが、江戸時代まで盛大に行われてまいりました。愛知郡の神社から五十社が集まり、瀬戸山口で合宿し、海上の天戸八剣宮、海上多度神社を参拝し、そして猿投神社へと馬を引き連れ、「ヤーサー、ヤーサー」とかけ声を出し、二万人もの人が山越えをした祭りです。現在は、それぞれの神社の祭りとして残っております。この九本の矢標具祭りが信濃山田守信玄の祭りとして行われていたのです。

 これは矢の仕組みという秘め事であったと思われ、これが武田信玄の秘密を解き明かすものです。


 九本の矢の内容というのは物見山桜ヶ池に伝わる大蛇伝説に関するものです。落ち武者となった山田信濃守という豪勇の武将が、武田信玄から頂いた十本の銀鷹の矢をもって、愛馬で猿投山に駆け登っているとき、猿投山の御廟、山頂付近にある西の宮か、あるいは、東の宮の谷あたりに、山が揺れるような山鳴りと共に現れた金の鱗の大蛇めがけて放ち、しとめたというものです。武将は、射止めたその大蛇の毒気に当てられ、毒が身体にまわり下り、他界したというのです。大蛇を射止め、毒気にやられ、猿投山頂から物見山の峰へと下り、桜ヶ池の堤まできて落馬し気を失いかけたところを、村人と山田庄の庄屋に助けられたが、介抱の甲斐もなく亡くなってしまったというのです。


 桜ヶ池の堤を越えると信玄の出城があった段丘状の山腹へと出ます。桜ヶ池には、今は上之山町の神社に移されている諏訪之尾神社という石碑が立てられており、諏訪湖には天竜の水神の伝説と、諏訪湖を発った竜が静岡の桜ヶ池まで下っていったという伝説が伝わっております。桜ヶ池という同じ名の池、信玄は諏訪法性の兜をかぶり、諏訪大明神の大将棋を用いていたということからも、桜ヶ池で倒れた武将は信玄に違いないと思われるのです。

 猿投山を揺るがすほどの山鳴りと毒を吐く金の鱗の大蛇の正体は一体なんだったのでしょうか?

 命を落とすこととなった一本の銀鷹の矢,現れた弓矢の糸仕組みは、ここ海上の地において信玄が亡くなったことをまさに示しているのです。そして一族の墓が隠されはしたのですが、明治から昭和の初めごろまでは、信濃山田守信玄として供養が続けられていたのです。
 この弓矢の糸仕組みが分かったのは、ついこの前のことなのです。私は、祟りとして知らされ、恐れながらも、信濃守山田守信玄公として御供養を再開し、続けさせていただく決心をしたのでした。


 皆様も、ぜひ、お出かけくださいませ。
ここは、流血の戦国時代に終止符を打ち、新しい平和な時代の夜明けを準備し、生み出した、世に知られることのなかった舞台裏だったのです。



弓矢の糸仕組み

 この伝説は、つまり、武田信玄はたった一本の矢によって他界したことを表したものなのです。生前は金の鱗の大蛇に象徴されていた信玄が、桜ヶ池までたどりつき他界し、金の天竜となって昇天したことを伝えたものなのです。金の鱗、これは立派な人物を表しており、この山田信濃守という豪勇の武将というのが、甲斐源氏であり、山田の一族であった武田信玄そのものを隠さなければならずに、表したものだったのです。(原文のまま)
 実際に我が祖先山田庄には七百五十両の口止め料として一戸当たり十三両ずつ、村人たちに渡されているのです。残りの軍資金で九本の矢標具の祭りが準備され、江戸時代になり、現在ににまで繋がれるような盛大な祭りが働き、尾張山田佐右衛門と手を組み、日本武尊の馬拾祭りが行われ、懐柔のため基盤が築かれました。

 秀吉の死後、天下は東西に別れ、敵味方となり、流血の大合戦の末に、怨恨を残し、徳川の世となり治まったのです。その渦巻く怨念、無念を鎮めるための平和の夜明けを民衆一人一人に胸に知らしめるまつりだったのです。


 この九本の矢の意味を調べているうちに、九という数には死を意味づけしてあることが分かってきたのです。死は四が一般的ですが、九は天地、特に天を指し、未来をつなぎとめるという重要な意味があるのです。九は求め求道し至ることができるという、特別な死を意味しています。武田信玄の死は、時代の左右をけっていするほどの重大な出来事だったのです。また海上は、何でもない普通だったらカイジョウと読むはずなのに、カイショとわざわざ読ませている。それは海上の地が会所、また御蔵入地と金銭のやるとりをし、相談する所であったことを隠していたのです。

 江戸時代、徳川家康が天下人となり、時代が移り変わり、武田は滅びたのです。隠さなければならない時代の中にあって、武田信玄の墓とされている甲斐山梨において多くは供養がなされております。それ以外にも、信玄の供養塔や石碑があります。その供養塔や石碑のある駒場、浪合、根羽、津具、田口、鳳来寺、三方ヶ原を結ぶと、なんと弓矢の形が浮かび上がるのです。
 番えられた矢は、足助に向かい、尾張の山中、ここ海上の山田庄の中心に至っているのです。


毎年春に、海上の森の山田さんのお宅で信玄公のお祭りを執り行なっていると聞いてます。
[PR]
by ultramal | 2010-08-25 11:17 | 海上の森

濃尾入海

f0004379_3111681.gif

ついに図を発見
http://www.cbr.mlit.go.jp/kisokaryu/chisui/01noubi.html
[PR]
by ultramal | 2007-08-17 12:10 | 海上の森

花見

f0004379_21414666.jpg


宮の渡しに花見に行ってきた。
みんなに久しぶりに会えて楽しかった☆

なんか最近疲れてきた(^^)
ブログもあまり更新しないかもしれないけど。
しばらくはこんな状態かな・・・


あ、きょう話題になっていた以前宮の渡しに行ったときの
不思議写真はこちらに貼っておきますね。
[PR]
by ultramal | 2006-04-01 22:03 | 海上の森

ぎふ温泉紀行・・・

f0004379_1065720.jpg

南濃の水晶の湯に行ってきた。写真はそこからの景色 中央は揖斐川
ちょっと春霞。いったときは曇天でみるみる晴れてきたんだけど。
龍雲が多数だった。↓養老山
f0004379_10142586.jpg



・水晶の湯の温泉は海臭かった。石灰質のよう。
・うすずみ温泉(根尾)もなぜか山の中なのに、海水の温泉だった。
・白山のお湯も海臭い。地質が石灰でアンモナイトの化石とかもいっしょに展示してあった^^;

石灰岩でできた伊吹山は、海底から隆起した「海の化石」なのだそうだ。


古代の濃尾平野 金色の波寄せた海湾

 「世に三河国賀茂郡猿投神社および尾張国葉栗郡玉井神社所蔵の古図と称するものがある。その描くところによると、濃尾地方は一面の海で、中央に中島郡の孤島があり、その南に日置、津島、戸田、長島、枇杷島などの数島が碁石のように点々とし、また長良河口に東、西、中などの六つの島があり、今の金華山の辺に岐阜山と注し、その西に磯島などを描いて、濃尾地方が広漠とした海湾であったことを示している」

 「県治水史」は、「濃尾平野の有史的変遷について口碑の伝うるもの2、3に留まらぬが、一つとして学理上信を措くに足るものが無い」とし、その例としてこの一文を挙げている。

 猿投神社の図は1830(天保元)年、千年前の古図として世に現れたが、海だったという各所に遺跡が知られて偽作との見方が強い。一方で、伊勢湾台風(1959年)による大水害を体験して、あれは千年前の洪水の図とみる人もいる。真偽はともかく、眼前に広がる風景は、まさにこの「広漠たる海」なのだ。



↑おおこれは、例の地図

玉井神社?・・・
[PR]
by ultramal | 2006-02-24 10:31 | 海上の森

宮のわたし

先日「宮の渡し」に行ってました。
龍王さんとこで、しっかり記事になってます(^^)

今日改めて、携帯の写真見たら、ちょっと不思議だったので。
こちらに☆

f0004379_914384.jpg
                弓状のヒカリ・・・

f0004379_9273218.jpg
              光の加減でエメラルドに・・・  
[PR]
by ultramal | 2006-02-24 09:35 | 海上の森

真ん中

他地方の方、この国のみそ←こちらで読めます。
元旦からはじまってるので長大連載ですね。



いつかお話したことがあると思うけど、日本は西洋と東洋の真ん中に位置し、中部地方は、日本をどう見ても真ん中に位置している。ばーと日本列島を遠ざかり宇宙まできて地球を眺める図となった。わたし、真ん中....に居る



   ▼伊吹山のふもと春日村の巨大さざれ石
f0004379_9441641.jpg

[PR]
by ultramal | 2006-02-19 14:57 | 海上の森

海上の森

海上の森について書こうとおもったけど、
さっき外見たらすごい雪(*_*) 積もってる。。。




こないだ海上の森に行ってきた。
またまた友人に案内してもらった。

ちょっとした合間だったけど、山田さんの話は(紙芝居)は奥が深くて、一度には飲み込めそうにない。。多度のことを言ったら、多度の本筋は、うち〔海上〕ということをおっしゃってた。おまんと祭り・・・え!? 多度、、、多度といえば、天目一箇神、丸に点 え!?多度! げげ!丸に点、馬拾祭り



物見山の物見岩につながる多武峰は、またの名を拾山峰といい、拾は十、クロスを示し神を表しています。
大和多武峰 多度神社と多宝寺があり、タブミネと呼ばずにトウヤマミネと呼び「拾山峰」でも表される。


とうやまと言っていたので、遠山の字が浮かんだ・・・

日本武尊が逗留され身をお隠しになられた場所
武田信玄の臨終の地



武田信玄九本の矢の仕組み ?


猿投山か猿投神社が伊勢の本家
海上が多度の本筋


御嶽も、元地!





海上の由来は元は尾張国は大八島と尾島が張っていた島々のここが海上でしたが、四百数十年前の富士山の大噴火、そして東海大地震により、海上が山の上にカイショクとなり、カイショと呼ばれ、瀬戸市の伊勢湾が名古屋城近くまで下っていき、海上の屋戸橋まで大川となり筏によって石が運ばれていきました。


   ◎    ◎    ◎    ◎    ◎    ◎    ◎    ◎

映し合う鏡の如く
 皆さんはご存知でございますか、世界情勢と同様に自然界の破壊が進んでいることを。海の森である珊瑚や珊瑚礁がどんどん死滅していっていることを。有害な太陽光線を遮ってるオゾン層がどんどん薄くなり、開いた穴がどんどん大きくなっていることを。
 それに、世界中が異常気象です。大洪水、大熱波、大冷夏、異常乾燥によって起こる自然発火の山火事、自然界が自ら、広大な面積の森を失っているのです。
 経済優先、物質至上主義、核兵器や核物質の拡大、化学物質の氾濫の時代、自然を破壊し続けた天罰を、人間自らが招いているのです。このことが日本の神様の神鏡であり、映し合う人の心根、心境こそが、回りを生みだし、神様を生み出すことを表しているのです。


太陽の光は異常さを増し、川の水は腐り、濁り、泉は枯れ、山や森は荒れ放題となってしまい、容赦のない開発の手が入り、自然が本来の機能を失い、姿を変えていっているのです。嘘偽りや、騙しは、もうやめにしようではありませんか。片手落ちはやめにし、もうそろそろ、自然界の保護や修復を優先にした時代の幕を開けなければいけないのではないでしょうか。
 間に合うのでしょうか、自然界が自己修復する働きが失われてしまう、限界の時に、まだ、間に合うのでしょうか。
 森こそが、地球温暖化問題を解決できる最強のアイテム。地球の浄化装置であり、肺であり、澄んだ水が、泉が湧き出す自動給水装置なのです。
 古代の人たちが駆け回った森、武者たちが駆け回った森、その森の息を取り戻そうではありませんか。自然も森も息を吹き返し、大人にとっても、子どもにとっても、すばらしい学び舎となることでしょう。


 どのみち、息をし、生きている人間は、自然界を優先に位置づけなければならにのです。人と森と自然の共生の文明を築いてきた先人の知恵に学ぶためにも、日本の山水山河や歴史のある遺跡を踏み潰しこれ以上はかいしてはならないと思うのです。
 自然をこれ以上破壊しすぎてはならないのです。


愛と平和の塔を物見山に立てよ・・・・

          「海上の森奇譚」 山田みち江著 より






愛知

愛地


  

今までの歴史は終わりで、
尾張の本当の歴史が明らかにされることによって、
新しい国づくりが始まる。
  おわりのはじまり 『一目白! 龍王武録』より



  〝倭は 国のまほろば たたなづく 青垣 山隠れる 倭しうるはし 〟
   





f0004379_15465371.jpg
                   伊吹山山頂日本武尊★
[PR]
by ultramal | 2006-02-05 04:42 | 海上の森

名古屋が熱い!?

明けましておめでとうございます!
本年もよろしくお願いいたします。




国府宮は、稲沢市で、

一宮は真清田神社だった^^;



大昔、此の地方が伊勢湾の水底から干上って、只今も群名として遺 っている様に、中の島の如く陸地が出来ました時、此処へ我々の祖先が移住して来て 居を構え、生活を始めましたが、その日その日を生きて行く糧を生み出す根源である 国土の偉大なる霊力を神と敬い、尾張大国霊神と崇め名附けて、日常生活の守護と感 謝の心の拠り所として祀ったのであります 国府宮 『平成祭礼データ』

というように、伊勢湾が干上がって、中の島のような陸地ができて、祖先はここへ住み着いたということだそうです。一宮一帯が、結構大きな島だったと記憶しています。


神男は御鉄鉾を拝んで、儺負取場附近の裸男の群の中へ飛出します。御鉄鉾は御節刀のなまりであって、勅命を戴く時賜る節刀をかたどった木刀と、御神宝の大鳴鈴(おおなるすず)と、四社の御神名を認めた秘符とを結付けた大榊であって、この神事が勅命によって始められたということを物語るものであると同時に、この神事の神籬とも見るべきものであり、神男が裸群中にいる間、神職が拝殿で打振っています。 国府宮 『平成祭礼データ』

[PR]
by ultramal | 2006-01-02 13:41 | 海上の森

一宮の国府宮の裸祭り




あるとき、目閉じたら、神さまが湖のような中州に棒か剣のようなものをその中州に突き立てて仁王立ちしてるんですよ。お不動か?とか、鬼に金棒??かと思ったんですが
 中州は宍道湖のような感じで。

でも、国府宮の裸祭りのことを知って、あの中州は一宮にちがいないって。。最初、滋賀県の方だと思ったんです。琵琶湖かな~?とか。
確かに中洲のようなでっかい島になってるの。一宮が! そこにお柱を立てて神さまが鎮座・・・・。

それで、国府宮の裸祭りは有名ですけど、うちの近所にも裸祭りあるんですよ!
http://www.kintetsu.co.jp/ensentokusyu/omaturiguide/omaturiguide_info/festival0000031.html
↑左目不動っていう・・・・。




森浩一さんが中日新聞に書いてた記事を読み、一宮は大きな島になってる図を見て、ああこれだ!と思ったんです。

「やまとおおくにみたま」という神様だったと記憶しています。大和大国御魂?? 大国主、大黒柱のことだと思っています。 尾張大国霊でした!!


湖や海が(場合によっては川も)女性をを表し、中州は男根。

日本国土で言ったら、淡路島がそれに相当します。 棒や剣は、それの象徴  大八島というのは、国生みのことではないでしょうか?  あ!「矢」島は!?  矢ももちろん、男根。





神歌

 「大八州(おおやしま)、島の先々安らけく、残るくまなく、突きし平鉾(ひらほこ)。」

[PR]
by ultramal | 2005-12-31 19:58 | 海上の森