◎Ultraはウシトラのモジリ◎       


by うるとら

カテゴリ:白山神社( 5 )

金華山弁財天信仰 メモ


宮田登 『ミロク信仰の研究』より (第一章 伝承態としてのミロク信仰 p57)

たどりついた天女が、麓の弁財天堂と、山頂の竜蔵権現にまつられたと伝えられる。この竜蔵権現は、真言密教と関連を持つ十一面観音の垂迹としても知られる。興味深いことは、古川古松軒*が聞伝えに、「山上には天竜大権現と号して弁財天をまつるともいい、また蔵王権現を安置せるともいう」といっていることで、現在神社側の史料からは容易にうかがうことができない修験の関与の一端がここに示唆されている。

*古川古松軒 『東遊雑記』巻一〇
[PR]
by ultramal | 2006-08-04 12:22 | 白山神社

和良の戸隠神社

和良まで足を運びました。

http://www.warakankou.com/kankospot-iwa.html
http://shizennomori.ciao.jp/gujyou/nanbu/wara/kasaneiwa/kasaneiwa.htm


雷を呼んだのか、一時大雨にあいました。
↓写真は雲の切れ間から・・・
f0004379_23234748.jpg


ちょうど太陽が顔出しました。
三角の雲の合間から太陽が見えました。アマテラスの登場!?
雲の切れ間は、鍵穴のように見えました。

電池がなくなって、写真ありません・・・(^^;
(戸隠神社)

重ね岩以外にも岩石巨石群がごろごろしてました。
吉野の岩神神社を思い出した。


明宝のあたりだったかな、馬の産地だったらしく、そんないわれも残ってました。
 "名馬 磨墨"
上の写真は、なんだか馬のようにも。
[PR]
by ultramal | 2006-08-03 23:28 | 白山神社

寒水白山神社


  写  真

More
[PR]
by ultramal | 2006-08-03 22:07 | 白山神社

蛇岩公園


f0004379_21131966.jpg


蛇岩(寒水)
 
 養老年間に、深谷から見座にかけて、大蛇が棲んでいて人々を悩ました。たまたま、鳥帽子岳で修行中であった泰澄は、白山を切り開こうと思い立たれて、山を下つ、深谷口へさしかかられた。その時、大蛇が、大石の上で焔を吐きながら、もがき苦しんでいたので、泰澄は、ねんごろに祈祷して、それを成仏させられた。大蛇は、腐れはて、永く石上に蛇形を残した。泰澄は、それから、峯伝いに神谷の絶高を降り、天ケ滝で泊まり、八幡を経て上保川を遡っていかれた。(寒水史)

 明治三十四年ごろ、道路の改修が行われていた時、例の蛇岩が、カンナリドチヘ落ちてしまった。そのまま歳月が流れて、昭和になった。たまたま、寒水から、他所に出ていた婦人が、身籠ったわけでもないのに腹が大きくなって、どうしても治らなんだ。困っていると、ある晩、その婦人の夢枕に蛇が現れて〈今、カンナリドチヘ落ちて、埋まっている。やるせなさにお前の腹を借りてはいったが、手厚く祀ってくれれぱ、お前の病気は治る〉と言った。その人が、蛇岩を揚げて、現在のところへ祀ったら、病気は治ってしまった。 (和田多喜談) -明宝村史-



明治末期の道路開設で破壊された蛇岩は誰にも気付かれず土砂と共に理没されていた。昭和代に寒水より岐阜に移住された石田花代と云う婦人があり。この人は身籠もった訳でもないのにお腹が大きくなって悩んでおられた。ある夜婦入の夢枕に大蛇が現れて「私はカンナリドオチで埋まって居るせつなさにおまえのお腹を借りて入ったが手厚く祀ってくれればお前の病は治る」と告げた。早速現場近くに住む和田梅平氏を頼り事の次第を打明けて調べたら天龍大神石蛇岩が発見され手厚く祀られた。快復。以来六十余年近住の人々は家内安全無病息災を祈り商売繁盛願望成就を希って供花の絶えた事はない。平成代になり道路改修のため移築される事となり梅平氏の孫にあたる和田昇氏を総世話人に蛇岩公園として整備された。同時に観音堂も建てられ尊像は近くに住む個人所有のものであったが天龍大神石にちなみ龍頭観音と広く世の中の平和と万民の幸せを願って祀られた。堂前の大石には古くより庶民に親しまれている弘法さまの足跡がある。修業中伊妙峠を飛び越えて気良村に移られる折に付けられたと伝えられる。  本分 細川義貞謹書

*参考 http://www.gifukoku.go.jp/mino/touge/038/body.htm

▼脇を流れていた寒水川
[PR]
by ultramal | 2006-08-03 21:13 | 白山神社
f0004379_12373759.jpg

ご祭神  伊邪那岐大神
      伊邪那美大神
      菊理媛大神 明治年代に合祀



     ◆・◇・+*+・◇・+*+・◇・◆・◇・+*+・◇・+*+・◇・◆

由緒
 本社の創立は、景行天皇の御宇、十二年六月十五日、吉備武比古、国家鎮護のために祀られたが創始とされ元正天皇の養老年間、僧泰澄白山を開くため、石徹白に来られて、社殿を修め、社域を拡張されて神仏混交の元を開かれました。明治維新になり神仏分離となり、仏像及び年代の奉納品は中在所大師堂に祀り所蔵されております。

More
[PR]
by ultramal | 2006-06-13 13:14 | 白山神社